深爪の治し方(ネイルサロンでのスカルプチャーでの矯正)と爪を噛む癖

深爪で悩んでいらっしゃる方、特に爪を噛む癖がある方の場合、どうしても爪を伸ばすことが難しいですよね。爪を噛むという癖は、子供の頃の心理的な要因が関係していると言われています。
例えば、緊張状態やストレスなどを必要以上に感じていたり、不安などを感じる状態にいたり、ただ退屈であったりと。
小学校になっても爪を噛む癖が続いてしまうと、その後もこの癖が長引くことがあり、20代になっても深爪をしている方もいらっしゃいますよね。
何か、ストレスなどを感じた場合などに、無意識に爪を噛んでしまったりなど、いろいろなケースが考えられます。
身についてしまった癖は自分で治そうとしないとなかなか改善することは難しいですよね。
また、深爪をしていると、やはり手先の見栄えもきれいではありませんし、化膿などの原因にもなってきます。
深爪の治し方としては、ネイルサロンなどで深爪の矯正というのが行われています、この治療法は主に、スカルプチャー(スカルプ)と呼ばれるアクリル樹脂でできた人工爪を自分の爪の上に貼り付ける深爪矯正法です。見た目もきれいで、定期的にケアをしなければいけませんが、深爪をすぐに改善するにはいい方法かもしれません。
ただ、スカルプなどでの矯正法をしても、根本的な爪を噛むという癖を治さない限りは、噛んでしまったりしてしまいますよね。

深爪の予防と体験談

例えば、予防策として、日頃指先に爪を隠れるぐらいテーピングを軽く巻いていたりすると、ある程度は改善にはつながります。深爪をしている方はどうしても、爪を伸ばしたいという気持ちはあるのですが、なかなか我慢できずに噛んでしまったりする場合があります。私の場合も、小学校の頃から高校2年ぐらいまで、この癖があり、いつも深爪でした。ひどいときには、爪の周りの皮なども噛んでいた記憶があります。
私の治し方としては、とにかく爪を噛みたくなったときなど、すぐに拳を握りじっと我慢していました。1週間、2週間して爪が伸びてくると、逆に爪を噛むのがもったいないと感じてきて、いつの間にか止めていました。ただ、昔の名残か、どうしても爪の生え方や形は、今でもきれいではありません。やはり、何か止めるきっかけを、自分で作ること、それを少しでも我慢することが何よりの予防策かもしれません。

足の深爪と巻き爪

足の深爪の場合、巻き爪の原因になったりします。巻き爪になると、爪が変形して食い込んだりして、化膿や靴などを履いているときに痛みを伴う場合があります。
この場合の治し方としては、特別なワイヤーなどで、矯正して形を戻す方法が一般的です。日頃からあまり深爪をしないよう心がけること、いきとどいた手入れをすることが大切ですね。