赤ちゃんのげっぷの出し方のこつ

生まれたての赤ちゃんの胃は、大人の胃のように形や筋肉などがまだ発達していませんので、当然授乳したものや、離乳食などを戻しやすい体質です。
ですので、自宅などで、ミルクを飲んだ後や寝ているときに戻したりするのはそれほど驚く事ではありません。
また、赤ちゃんはミルクなどを飲む場合に空気も一緒に吸ってしまいますので、その空気が胃に溜まります。
大人であれば、自分でゲップを出す事は簡単な事ですが、赤ちゃんの場合は、まだ自分でうまくげっぷを出すコツを身につけていませんので、ママやパパ、周りの人間が出してやらないとガスが溜まってお腹がパンパンになったりもします。
それは、赤ちゃんにとっても不快な感じですし、気分も悪くなりますよね。
ですので、授乳した後などは、ゲップを出して常にガス抜きをすることが大切なんです。初めての育児の場合は、やったことが無い事がたくさんありますし、嘔吐したりするとやっぱり心配ですよね。
基本的なゲップの出し方のコツとしては、授乳した後に赤ちゃんを抱っこして背中のちょっと下の部分を下から上にゆっくりさすってやったり、軽くポンポンとたたいたりする方法が一般的です。
抱っこする場合に、右手で右肩側に抱っこしてあげると赤ちゃんの胃も傾いてちょうど食道付近に溜まった空気が上にきやすくなるので、ゲップをするときにうまく空気だけが出易くなるこつもあることを最近知りました。
逆に左手で抱っこすると胃の中の飲み込んだものが上側に来てしまいゲップと共にミルクなども吐き戻し易くなるそうです。
ただ、赤ちゃんにも個人差がありますから、げっぷの出し方がうまい子、そうでない子など様々ですので、自分の出し方のこつを見つける必要がありますよね。
背中をさすってもげっぷがなかなか出ない場合もあると思いますが、そういった場合は無理せず一度赤ちゃんを横にした後、もう一度抱っこしてさすったりするとうまくゲップが出る場合がありますよ。
寝かす時などはあお向けにならないよう注意する事が大切です。寝ているときに吐き戻してしまい、それらが詰まったりしたら大変ですので、タオルや吐き戻し予防用の枕などを利用して角度をつけることが大切です。

赤ちゃんのげっぷはいつまで?

いつまでげっぷを出さなければいけないのかと悩むママさんもいらっしゃいますが、それもやはり個人差がありますので、3,4ヶ月ぐらいや6、7ヶ月で止める方などバラバラですので、いつまでという期間はあまり気にしなくていいようです。
また、あまりにも嘔吐を繰り返したり、体重の増えがよくなかったり、ぐったりしているなどの場合はすぐに専門家に相談しましょう。赤ちゃんは、まだ自分の言葉で気持ちを伝える事はできないので、私たち親がきちんと見守ってやらなければいけません。子育ては大変ですが、すくすくと育っていく赤ちゃんを見ているとホッとするというか、幸せを感じます。

赤ちゃんのげっぷ

初めての育児って大変ですよね。赤ちゃんのげっぷの出し方など分からないことばかり。
でも、愛情いっぱいで子育てをする気持ちが大切だと思います。頑張るママさんを応援しています!