地鎮祭・お宮参りの初穂料(玉串料)の書き方

【地鎮祭の場合】 地鎮祭のしきたりとして、神主様へお祓い料を払う場合、熨斗袋(のし袋)の種類は、水引きが、赤と白の蝶結びになっているもので大丈夫です。
のし袋の表書きの書き方は、薄墨ではなく、(御)初穂料、(御)玉串料と書くのが一般的ですが、御祈祷料や御礼などと書いても大丈夫です。
その下に、個人の地鎮祭であれば、個人名、会社であれば、会社名を書きます。
また、お寺の和尚様に地鎮祭をお願いする場合には、表書きの書き方は、御祈祷料や御礼などを使うことになるので注意が必要です。
地鎮祭での初穂料の相場としては、だいたい個人の場合、2万円から5万円の金額が平均的です。
ただ、その他、もし神主様(和尚様)に
別途、御車代などをお渡ししても結構ですし、その場合は、特に祝儀袋ではなく、白い封筒などでお渡ししても大丈夫でしょう。
また、初穂料の渡し方については、直接手で渡すのは失礼になりますので、切手盆の上に熨斗袋を乗せ、その上に袱紗(ふくさ)をかけてお渡しするのが一般的なマナーと考えられています。
他に、工事をお願いする方などに、気持ちとして、ご祝儀を渡す方もいらっしゃるようです。その場合の表書きは、御祝儀と書いてお渡しすればいいでしょう。
地鎮祭は、めったにあることではないので、初穂料などの相場などに悩んでらっしゃる方は、直接神社に問い合わせても結構でしょうし、工事をお願いしたメーカーさんにアドバイスをお願いするのもいいかもしれません。
【お宮参りの場合】 お宮参りの初穂料(玉串料)は、神社へ祝詞をお願いするとき、のし袋、水引きは、地鎮祭と同じものを選びます。
表書きの書き方は、(御)初穂料や(御)玉串料、御礼などと書いて、下には赤ちゃんの名前を書き、お宮参りの相場としては、5千円ぐらい(3千円〜1万円)が一般的です。
また、熨斗袋ではなく、白い封筒でお渡ししてもマナー違反ではありませんので大丈夫です。料金が決まっている神社も多いですので、事前に祝詞をお願いするときに金額を聞いても構いません。

七五三の初穂料(玉串料)の書き方とふくさ

七五三の初穂料の場合も祝儀袋か白い封筒、また、表書きの書き方も、お宮参りと同様で構いません。
お子様のお名前を書く場合に、フルネームで、お子様の年齢も書いても大丈夫です。七五三の相場も、
だいたい5千円から1万円とされています。
また、七五三に限らず、玉串料などのお祝いを持参するときは、裸で持っていくのではなく、ふくさに包んで持って行かれたほうがよろしいでしょう。慶事の場合とそうでない場合に包み方は逆になるので、注意が必要です。

初穂料と戌の日

戌の日の祝いは、生まれてくる赤ちゃんの安産祈願として有名です。
安産祈願は、たくさんの神社で行われていますので、金額など決まっている場合が多いですよね。
相場としては、3千円から1万円。
袋は、祝儀袋(お宮参り・七五三と同じ物)か白い封筒で、表書きは、
(御)初穂料・(御)玉串料、お名前は、御本人(祈願をお願いする方)のものを書けば大丈夫ですし、また、持参しなくても岩田帯などを、神社で買う事もできますので、必ず戌の日に行かなければいかないという、しきたりもありません。