百日祝いの祝い膳(料理・食器など)

百日祝いの祝い膳の一般的なメニューとして、頭・尾がついている鯛などの焼き魚、汁(こちらも鯛などを使ったもの)、
煮物、香の物、赤飯といった料理が主となります。
その他に、梅干や歯固めの石なども添えられたりします。
歯固めの石というのは、赤ちゃんの歯が丈夫になるようにと、お宮参りなどの時に、
神社からいただける場合がありますし、
神社に落ちている小石などを拾って使っても大丈夫。
近くの神社に問い合わせてみるといろいろと教えていただけますよ。
また、地方によっては、祝い膳のメニューが異なってきますし、どうしても鯛でなければいけないとか、赤飯でなければいけないとかという決まりはありません。
その地方の特産物を使った料理にしたり、季節の旬の食材を使っても全く問題ありませんので、例えば、
赤飯を炊き込みご飯にしてみたりと、いろいろな工夫をしてみるのもいいかもしれませんね。
また、あくまでも、主役は赤ちゃんですから、ケーキや離乳食なども用意したりするのもいいですよね。
百日祝いの食器に関しては、本来ならば、きちんとした漆器を揃えるというのが、伝統としてあります。
ただ、百日祝いだけではなく、その後も使えるようにと、赤ちゃんの離乳食用の食器を準備される方も
結構いらっしゃいますし、ご自分の100日祝いのときに使っていた、お膳や、親戚の方から借りたりしても特に、
作法に反しているということにはなりませんので、大丈夫ですよ。

百日祝いの食事の仕方

百日祝いの食事の仕方としては、親戚の一番年配の方が、赤ちゃんに食べさせるまねをするというのが、
正しいとされていますが、パパでもママでも構いません。
また、100日祝いの場合、きちんとしたスタジオで記念の写真撮影をする方もいらっしゃいますし、
自宅で赤ちゃんとパパ、ママ、3人だけで、お祝いしても結構ですし、親戚の方を招待して、
どこかで会食したりなど、いろいろな祝い方をされているようです。
料亭屋さんでも、百日祝い用のメニューがあるところがありますよね。
赤ちゃんにって、大切な行事の一つである、お食い初め。百日祝いや、箸祝いなどとも呼ばれていますよね。
赤ちゃんだけでなく、お祝いをした方にとってもいい思い出になることが、一番大切です。

赤ちゃんと100日祝い

100日祝いは、赤ちゃんが生まれてからちょうど100日目に行うとされています。
ただ、これも、正確に守る必要はなく、だいたい、100日前後で日がちょうどした場合などでも大丈夫です。
ちなみに、数え方として、こういった行事などに関係する場合には、
赤ちゃんが生まれた日を1日と数えます。