雛人形の飾り方(七段・三人官女の並べ方など)・方角・時期など

まず、準備として、ひな段を組み立てあとは、毛氈(もうせん)を掛けますが、
このとき、もうせんに皺などがある場合はアイロンでよく伸ばしておくと、雛人形を飾ったときにきれいに映ります。
それから、箱からお人形を出すときに、
片付けのことも念頭に入れ、後で分からなくならないように、鉛筆などでしるしをつけておくといいでしょう。
出すとき、片付けの時には、お人形の顔を、手で触らないようにすることがポイントです。
脂などがついて、お顔が汚れたり、変色したりする原因にもなります。
伝統的な雛人形の飾り方には、七段飾りがあります。
雛人形の並べ方は、一番上段から 
【男女雛→三人官女→五人囃子→随身→仕丁→下段二段には箪笥やお茶道具などの飾り】という配置になっています。
【お内裏様とお雛様の飾り方】 関東ですと、披露宴と同じで、こちら側から向かって、左がお内裏様、右がお雛様になります。ただ、関西、京都ですとこの並べ方が逆になることが多いです。
【三人官女の飾り方】 座っているお人形が一つだけだったら、それを真ん中へ、立っているお人形が一つだけだったら、それを真ん中へ飾れば大丈夫です。
三人官女の両側のお人形の違いは、どちらかの足が前に出ているので、それを元に配置すればいいでしょう。
また、三人官女にはそれぞれ持ち物があって、こちらから向かって、真ん中のお人形に、
三方(お供え物を載せる台)、左側に銚子、右側に長柄の銚子を持たせます。
【五人囃子の飾り方】 こちらから向かって左側から、太鼓→大皮鼓→小鼓→笛→扇を持っている謡い手
の並べ方になります。
【随身の飾り方】 随身は二人いて、おじいさんのお人形が、向かって右側、若い方が左側の配置になります。
【仕丁の飾り方】 こちらは3人いて、真ん中には、台を持つ仕丁、向かって左側に、台笠、
右側には、立傘を持たせます。
ただ、京都ですと、この持ち物は変わって左から、熊手、塵取り、箒の道具を飾る場合が多いです。
左右の仕丁の見分け方は、それぞれのどちらかの手が上に上がっていますので、上がっている側が外側になります。
【下段二段の飾り方】 こちらの二段には、いろいろなお道具、箪笥や、飾り物などがあります。
この並べ方にマナーは特にありませんので、お好きなように、バランスのとれた配置にアレンジしてもいいかもしれません。
代表的な雛飾りの飾り方を紹介しましたが、地域によっては、並べ方、小道具などに違いもあるようです。
また、七段の雛人形ですと、場所も多くとることがあります。そうした場合に、三段の雛飾り、お内裏様とお雛様だけの2つのお人形だけ(親王飾り)のものも販売されていますよね。
雛人形を飾る時の方角には、それほど決まりがあるわけでもありませんので、どこか床の間や、あまり日が当たらなく、見やすい場所に配置するのがいいでしょう。ただ、玄関などに飾るのは避けた方がいいかもしれません。
また、雛人形を飾る時期については、地域や、人によっても異なるかとも思いますが、
一般的に、いつからというと、節分を過ぎた二月の中旬ぐらいの、大安などの日がいい日に飾られることが、
多いです。
また、いつまで飾っておけばいいかといいますと、ひな祭りが終わったらできるだけ早く片付けるようにするのが、一般的な習慣です。これには、お祝いをした女の子とお嫁さんの時期などが関係しているからということも聞かれますよね。
ただ、それほど急にしまう必要もありませんし、しまう日は、ひな祭りが終わって、天気がいい日などに片付ければいいかと思います。

雛人形のしまい方

雛人形のしまい方は、できることなら手袋をして箱に入れていったほうがいいかもしれません。
箱にしまうときには、和紙などでお人形を包んで、人形用の防虫剤も一緒に入れておくと、カビ対策にもなります。しまう場所は、日陰で、じめじめしていない場所がよろしいでしょう。
また、一年のうち何回か、箱などを開けて、風通しをよくしておくのも、保存方法としては大切です。
二人目の初節句の場合、もう一度雛人形一式を買わなければいけないのかというと、そういうわけではありませんが、本来であれば、一人に一式が正しいマナーではあります。
ただ、実際のところ、部屋に飾る場所もそれほどあるわけでもありませんし、決して安くもありませんので、
そういった場合には、代わりに、木目込みのお雛様、市松人形を買ったりすればよろしいかと思います。

雛飾りの配置

家族みんなで女の子の幸せを祈るひな祭り。
特に、初節句となる方にとっては
大切な行事の一つです。
お雛様を置く台などを自分で作り、それにもうせんを掛けたりして、
オリジナルな配置の雛飾りにしてみるのもきっと素敵な思い出になりますよね。