下まぶた・上まぶたの痙攣(顔面ミオキミア・眼瞼痙攣)

【顔面ミオキミア】 下まぶたや上まぶたが、ピクピク痙攣する原因の一つとして考えられています。
また、眼輪筋/眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症とも呼ばれることがあります。
この症状としては、主に片方の下まぶたがピクピク痙攣する症状が多く、原因は、眼精疲労やストレスと考えられています。
また、眼瞼ミオキミアの他の原因に、脳の疾患(腫瘍や炎症)、多発性硬化症なども考えられていますのでで、気をつけなければいけません。
【眼瞼痙攣】 眼瞼けいれんの場合、症状として両目のまわりの眼輪筋(まぶたの開閉のための筋肉)が、痙攣を起こします。
最初は、主に、下まぶたからのぴくぴくする、けいれんに始まり、その後上まぶたに移っていく場合が多く、症状がひどくなると瞼が、勝手に閉じたりしてしまい、日常生活を送る上で、支障をきたします。
眼瞼痙攣の原因として挙げられている説はいくつかありますが、まだはっきりとは解明されていません。
また、顔面ミオキミアやドライアイとの症状も似ているのが特徴で、間違われやすい場合があり、
気をつけなければいけません。
他の初期症状として、光をまぶしいと感じたり、まばたきをよくするようになるなども伴われ、
特に40代以降の女性に多く現われる傾向があり、また、肉体的・精神的ストレスが、眼瞼痙攣の症状を
悪化させる要因にもなると言われています。

他の下まぶた・上まぶたの痙攣(片側顔面痙攣)

【片側顔面痙攣】 こちらも、目のまわりのピクピクした痙攣から始まる事が多いのですが、上記に挙げた
眼瞼ミオキミア・眼瞼痙攣とはまた別のものと考えなければいけません。
片面顔面痙攣の場合は、特に下まぶたの辺りから始まることが多いとされていて、
その症状が、額や頬、あごの下あたりまで広がっていくこともあります。
また、この症状がひどくなると、けいれんが起きている顔側が引っ張られているような感じになることがあります。
この原因は、顔面神経(顔の筋肉を操っている神経)が、脳幹の根元のところで、血管に圧迫されることにより
発症すると言われています。
ただ、痛みはなく生命にも関わることはなく、けいれんが現われないときは、特に普段と変わりません。
また、ストレスなどもこの症状を悪化させる要因として考えられています。
このように、下瞼・上瞼の痙攣といっても、症状や考えられる原因は様々ですので、症状(ぴくぴくしたけいれんが治らない・目が乾くなど)がよくならない場合には、専門家に診察をお願いするのが良策かと思われます。

下瞼の痙攣(眼精疲労・ドライアイ)

下瞼や上瞼にピクピクした痙攣が起こる原因として多いのが、
眼精疲労やドライアイによるものと考えられています。
これらの痙攣は治まることが多いですが、眼精疲労は頭痛や肩こりの原因にもなります。
目の疲れや乾燥などを感じたら、
一度目を休ませ、マッサージや、またそれぞれの用途によって、眼鏡などを変えるなどの対策が大切です。