結婚式の席次の決め方・円卓で主賓の配置など

結婚式をする上で、大切になってくるのが、主賓、親族などの席次の決め方ですよね。現在結婚式が挙げられる場合、基本的な配置としてはおおまかに分けて2通りだと思われます。
一つのスタイルは長いテーブルを並べての披露宴、2つ目のスタイルは円卓(丸テーブル)を利用する場合。
基本的な席次の決め方として、どちらの披露宴の場合でも、新郎新婦が座る席(高砂)に一番近い席が上座になり、
主賓→上司→先輩→友人→親族→両親の配置になります。
両親は高砂から一番遠い場所(下座)に配置することがポイントです。
一般的な席次マナーとして、中央奥の新郎新婦のメインテーブルには、招待客から見て右に新婦・左に新郎、新郎の左には媒酌人、新婦の右には媒酌人の夫人の順番で座っています。
招待客の人数にもよりますが、この高砂から一番近くになる場所に、主賓が座る配置になります。それぞれの主賓、上司、友人、親族を新郎側、新婦側に分けるような配置の決め方をすることが大切です。
円卓(丸テーブル)で結婚式をする場合、主賓が新郎新婦を見る場合など、体を曲げなければいけない配置になると思いますが、それは失礼にはあたりません。
あくまでも、披露宴では席次の順位、特に主賓に関しては上座を配置する決め方をすることが大切です。
また、高齢の方などの場合トイレなどに行き易いように出入り口の付近の席にしたり、事前に遅れてくることが分かっている方の場合もあまり目立たないように入れってこれるような場所の決め方をするといいですよね。
もちろん、身近な友人や親族のみだけで結婚式を挙げる場合には、円卓などで上座・下座などもあまり気にせずみなさんが楽しんでいただける席次にしても問題はありませんよね。
新郎新婦を見えやすい位置にしたり、友人などの希望を聞いたりと。また、インターネットで検索するといろいろな席次テンプレートがダウンロードできますので、席次の決め方に悩んでらっしゃる方は一度ご覧になるのもいいかもしれません。

結婚式での肩書きの書き方とマナー

結婚式に招待する上で、肩書きというのも大切になってきます。肩書きの書き方としては、主賓には、きちんと会社名・役職、上司や先輩・同僚にも、それぞれの役職・役職が無い場合には部署名やただ先輩や同僚、同期と書いても問題はありません。
友人に関しては、新郎友人〜とつければ大丈夫です。似ている漢字などもありますので、くれぐれも肩書きの会社名、お名前等を間違わないように気をつけることが大切です。
結婚式では席次の順番や順位などがマナーとして決められていることが、いろいろとあり大変かもしれませんが、できるだけ招待したお客様にも楽しんでいただけるような結婚式を挙げるように心がけましょう。

結婚式の席次

ようやく結婚式の会場や日取りなどが決まってから、招待客の披露宴での席順について悩む方もいらっしゃると思います。
上座や下座の位置、どれくらいの人数を招待するか等など。ここでは、基本的な席順のマナーと決め方について紹介しています。