お見舞金の相場・マナー(どんな袋を使うか・お札の包み方など)

身内(兄弟やご親戚)の場合のお見舞金の相場は、5千円から1万円の金額が平均的と言われています。
友人やお世話になっている方の相場は、上限が5千円、会社の同僚や従業員に渡す場合、それぞれの企業で社内で規定があることが多いと思われます。
この場合には、有志として社員一人3千円ぐらいの金額が目安とされています。
お見舞金を入れる祝儀袋に関しては、水引きは、紅白で、結びは、結びきりで、のしが付いていない袋が多く使われています。
また、白い封筒に、見舞金を入れて持っていってもマナーに反しているわけではないので、大丈夫です。
表書きの書き方は、「お見舞」 「祈御全快祝」として渡すことがほとんどです。
また、お札の入れ方なんですが、
こちらに関しては、特に決まったマナーというのは実はありません。
ただ、気になる方がいらっしゃるのであれば、封筒の表書きしている方を正面にして、お札の肖像側、そして、
肖像を上にして入れるようにすればよろしいかと思われます。祝儀袋の場合も正面から見たときにお札が同じ向きになる包み方をすれば大丈夫です。
また、あまり、状態がよくないときにお見舞いするのは、相手に気を遣わせてしまいますので、病院に行く場合は、あらかじめご家族の方に入院しておられる方の病気の状態などを確認してからの方がいいでしょう。
それから、お見舞金の他に、ちょっとした心遣いとしての品を持っていかれる方もいらっしゃると思います。ただ、お見舞いのマナーとして、鉢植え、匂いの強いお花、電磁波などを使用するものは、持って行くのは避けたほうがよいとされています。
例えば、鉢植えで言えば、根が伸びることから、長く病気が続くなどの意味にとられ、あまり縁起が良いものとは考えられていないからです。
また、お見舞金を渡すときに、相手の方が、上司の場合、現金を渡すことは、失礼と考えられています。
ただ、商品券などで代用し、見舞金とするのは大丈夫です。他にも、入院しているときなどは、電話などをかける場合に、小銭や、テレホンカードなども重宝されています。

お見舞金のお返し(快気祝い)の相場・マナー(表書き・のし紙など)

お見舞金をいただいた場合のお返しについては、これは退院した後、快気祝いの形で結構です。
まずは、健康を回復することが一番大切です。お返しの場合、のし紙は、水引きは紅白、結びは、結び切りで、
のし付き。表書きの書き方は、「快気祝」 「快気内祝」とすれば大丈夫です。
品物の相場は、大体、いただいた金額の半分から3分の位1ぐらいとされていますが、これは各個人によって違ってきますので、お気持ちの部分になってくるかと思われます。
それから、何か簡単なお礼状を添えるのもいいですね。文例などは、インターネットで検索すると多く出てきますので、参考にするといいかもしれません。

お見舞金と新札

お見舞金のお札は、新札でも大丈夫なのかというと、常識上では、
新券を使う場合は、何かのお祝いの場合が多いと考えれていますので、できるのであれば旧札を渡した方がいいかもしれませんが、
一方でお見舞いは相手の回復を何よりも願うことが大切ですので、
形やマナーばかりに気をとられる必要は無いかと思われます。