もみあげの整え方とカットのコツ

美容院でヘアカットする場合、もみあげもカットするようにお願いすると思いますが、もみあげが濃い方や、くせがある方の場合、時間が経つとハネやうねりがでてきちゃいますよね。
そんな時わざわざ美容院に行って手入れするよりは、自分でカットしたほうが料金もかからないし、自分なりにアレンジできます。
ここでは、私が美容師さんから教えてもらった整え方、切り方を紹介します。コツを掴めば簡単ですよ。
まず、準備するのはタオルやヘアピン、ハサミ、これはすきバサミでも、鼻毛バサミでも構いません。
あとは目の細かい薄い櫛、電動髭剃り機(剃刀でも構いません)、大き目の手持ち鏡です。
@もみあげの部分と他の髪の部分を分けるために、タオルなどでオールバーックにして、はっきりともみあげが見えるようにします。
A次に櫛で整えます。整え方としては、櫛を縦にしてもみあげと平行に、右から左、左から右へと何回か櫛を通します。
Bその後、右(左からでも構いません)から櫛を入れて、もみあげの上で止めます。
そうすると、櫛から髪がはみでていると思うのですが、それらの髪をハサミでちょきちょきと切ってください。その後、今度は逆に櫛を入れてまたでている髪を切ります。
櫛を使わないでハサミを入れると切りすぎて長さがバラバラになったりするので、私は櫛を利用しています。
C手でさわってみてちょうどいい感じになったら、今度は手鏡を持ち、洗面台の鏡を利用して、電動髭剃り機の長い髭を切るための刃を利用して整えていきます。
整え方のコツとしては、鏡を見ながら自然の毛の生え際にそって剃ることです。下に行くほど細くなるのでちょっと斜めにカットするように心がけるといいですよ。
剃刀で手入れする方法もありますが、間違って傷をつけたりもするので、髭剃り機の方が安全で簡単です。

もみあげの手入れと脱毛

これが私のもみあげの整え方です。髪を耳にかける髪型などをする場合、ハネてしていたり、くせで変な形になっているとちょっと恥ずかしいですよね。そんな時は自分で手入れするのもいいかもしれません。
ただ、最初のうちは切り方のコツを掴むまで少しずつ試していきましょう。
また、もみあげが濃い方で悩んでいらっしゃる方には脱毛という手段もあるようです。その場合は事前にきちんとしたカウンセリング、料金の確認、どんな脱毛の方法なのか、しっかりした情報を調べておくことが大切です。
なかなか、手入れが難しいと思われがちですが、自分の整え方を憶えると、髭と結ぶ方法や、逆に濃いもみあげを利用したりなどいろいろアレンジもできますよね。

もみあげの整え方

もみあげのくせやハネで悩んでいる方に、自分でもできるカット、トリマーなどの情報や、もみあげの脱毛などの情報も紹介しています。