神前挙式の流れ(式次第)・参列のマナー(正装・玉串奉納時のポイント)など

神前挙式の流れ(式次第)は、各神社やホテルで基本的にはさほど違いはありません。代表的な流れを紹介します。
@式場に花婿・花嫁、続いて参列する媒酌人、親族、友人の順に並んで入ります。
入る場合に、神社によっては、手と口を水で清める儀式があるところがあります。
A神殿に入った後、席に座って、神主による新郎新婦、参列者に対してお祓いが行われ、祝詞(のりと)が読み上げられます。
B三三九度の盃が行われます。三献の儀とも呼ばれいますよね。
こちらは、花婿・花嫁が、盃をかわして、これから夫婦としてやっていく誓いを立てる儀式です。
C盃を交わしたあと、新郎新婦が、指輪の交換を行って、
誓いの言葉が読み上げられます。
D新郎新婦が玉串を神前に供えた後で、2回礼、2回手を合わせ、そして最後に1礼する儀式が行われます。
E両家の親族が盃をかわし、斎主による挨拶が行われ、退場という流れになります。
多くの神前結婚では、和装で行われることが多いですよね。代表的なのは、白無垢や、色打ち掛けなど。また、昔風な十二単で、式を行われる方もいらっしゃいます。
和装で式を挙げる場合、かつらをかぶらなければいけないのかなと、心配される方もいらっしゃいますが、洋髪でも全然大丈夫です。また、和装でなくても、実は神前結婚を挙げることはできます。決して、白無垢でなければいけないというマナーはありません。最近では、友人を招待する方も増えています。
神前結婚は、あくまでも基本的は正装ですが、これは洋・和装どちらでも構いません。
ただ、参列者のマナーとして、気をつけなければいけないことは、あまり派手なドレスなどは避け、肩掛けなどを用意するといいかもしれません。
また、神前挙式の流れの中で、D番の儀式を、新郎新婦と一緒に行いますが、その場合、もし媒酌人の方がいらっしゃるのであれば、媒酌人も玉串を供えますので、参列している方は、媒酌人と一緒に、この儀式を行うというのが、ポイントです。

神前結婚が行える代表的な神社

最近は和装での結婚式を挙げる芸能人の方も増えてきていますし、神前結婚の人気は高まってきています。
洋風な結婚式もいいですが、伝統的なスタイルも素敵ですよね。ホテルや他の式場で、神前結婚を挙げれる式場もたくさんございますが、ここでは、代表的な神社を紹介します。
【北海道】 北海道神宮、千歳神社、弥彦神社など。【仙台】 諏訪神社など。
【東京】 明治神宮、神田明神、東京大神宮(東京のお伊勢様と呼ばれていますよね)。
【名古屋・岡崎】 熱田神宮、龍城神社、市原稲荷神社。
【三重県伊勢市】 猿田彦神社。【大阪】 大阪天満宮、荻原神社、難波神社、稲荷神社。
【京都】 北野天満宮、護王神社、上賀茂神社、城南宮。
【神戸】 生田神社。【広島】 厳島神社。【福岡】 櫛田神社、住吉神社。

神前挙式の費用

神前挙式の費用は、それぞれの神社によって、違ってきます。
一般的に、初穂料は、5万円から10万円前後だと思われますが、
その他のオプション費用(かつら、着付け、メイク等々)もありますので、一度関心のある神社や式場にお問い合わせしてみるのが、一番良いかと思われます。