膿栓/臭い玉(くさい玉)の原因と取り方

膿栓は、よく別名で、臭い玉と呼ばれていますよね。くしゃみなどをしたときに、
一緒になって出てくることがある小さい玉。
色は肌色をしていることが多く、潰すとかなりの臭いをはなちます。
みなさんも、何回かそういったことがあったかもしれません。
膿栓の原因は、喉の奥にある扁桃(口を開けて鏡を覗いたときに、ちょうど、のどの入り口の脇にある部分で扁桃腺と呼ばれることが多いですね。)の部分に現われてくる食べかすや菌のかすです。
扁桃は、細菌などを体に入れさせないようブロックする役割があり、そこには小さい穴があり、そこにカスなどが溜まっていて、表面に現われてくる場合があるんです。
それがくさい玉と言われる膿栓の正体なんですね。
ただ、扁桃は、私達の健康を守ってくれている大切な部分ですし、そういった菌のカスなどは、どなたにもありますし、人によって膿栓が出てきやすい方、そうでない方といろいろなんです。
膿栓の取り方としては、自分で除去したりせずし、耳鼻咽喉科で診察をお願いしたほうが賢明かと思われます。何かで(例えば、綿棒などで)、取ろうとするときなど、間違って扁桃部分を傷つけたりしまう恐れがありますし、
それによって二次的な病気にもなりかねませんので、自分なりの取り方などを試すことには、注意が必要です。
また、病院で膿栓を除去する場合には、扁桃部分を洗浄する膿栓の取り方が一般的な治療法です。

膿栓の予防と扁桃炎(アデノイドなど)

扁桃炎などを起こして適切な治療(手術)が必要な場合があります。ばい菌などが入り、それにより膿が扁桃腺の腫れや膿、発熱などが現われてきたりする場合もあり、そういった場合には病院で化膿している部分を洗浄したりしなければならなくなります。また、アデノイド(喉の奥にあり、普段は見えない部分)が大きくなって、それが原因で鼻の奥が詰まった感じ、口呼吸、口臭などの症状が現われてきます。
その他、手術が必要な場合に、扁桃がよく腫れ、発熱を繰り返場合、いびきなどの原因になる場合などが挙げられます。とにかく、発熱がなかなか治まらないときなどひょっとしたら、喉が関係していることもあるので、そういったときには専門家に診察をお願いするのが良策と思われます。
また、膿栓は冬など空気が乾燥した時期になると増えてくるとも言われています。ばい菌など入り易くなりますし、それによって扁桃に炎症を起こす可能性もでてきます。
日頃できる、一番簡単な予防策として、外から帰ってきたときなどは、うがいをして、のどを清潔に保つことことが大切です。どうしても、知らず知らずの内に埃や、その中に含まれる菌などが入ってきてしまうものです。他の予防策として、生活習慣の見直しです。
最近疲れやすい方、ストレスが溜まっている方などは、何かと免疫力も弱まって風邪、扁桃炎などにもつながります。バランスのとれた生活がやはり病気予防には一番なんですね。

膿栓と口臭

臭い玉とも呼ばれる膿栓は口臭のいくつかある原因の一つに考えられていますが、
膿栓自体は誰にでもありますし、
他の口臭の原因(ドライマウス・虫歯・内臓器官などが関係しているなど)も考えられますので、
すぐに口臭は膿栓が原因とは考えないほうが賢明かと思われます。