法事でのお布施の渡し方・包み方・相場

法事や法要で、住職にお経などをお願いした場合に、お布施の渡し方として一般的に正しい作法とされているのは、直接手渡すのではなくお盆、切手盆などに載せてお渡しするとされています。
しかし、自宅でない別の会場やお寺などで法事を行った場合、お盆が無い場合もございます。
そんな時はふくさなどに包んでお布施を渡しても決して失礼にはあたりません。
ふくさは冠婚葬祭で使われているご祝儀やお香典を包むための風呂敷のようなものです。
お布施を直接、畳や床に置くのは失礼な感じもしますので、ふくさを広げて住職にお渡しすれば特に問題はありません。
ただ、この場合のふくさの包み方は、弔事の包み方です。
お布施を入れるのし袋については市販されている袋、表にお布施と印刷されているもので結構だと思われます。
この場合市販されているのし袋には水引があると思うのですが、これに関しては特に気にしなくても大丈夫です。
お布施の場合水引は失礼だと思われがちですが、地域などにもよりますが黄白や黒白の水引が使われています。ただ、ご自分で奉書紙を使った渡し方の場合は、水引は必要ありません。
書き方としては薄墨ではなくきっちりとした墨で書きましょう。御布施と上に書き、その下部分にお名前〇〇家というような書き方をすれば失礼にはあたりません。
また、〇〇期法要などの言葉を入れた書き方もしても大丈夫ですよ。
のし袋の包み方は、裏の下から折り返している部分を上からの折り返しの中に入れるようにします。
奉書紙の包み方も同じようになります。渡し方のタイミングで、法事の前と後のどちらがいいのか迷う方もいらっしゃいますが、これは特に気にせずそれぞれのお考えで大丈夫です。
お布施の金額の相場については、基本的に金額はいくらでなければいけないという決まりはありません。
ただ、逆に相場がわからないためにいくら包めばいいかわからないという面もあります。
相場に関しては、直接住職にお聞きしても大丈夫ですし、それでも分からない場合などは、地域でのだいたいの平均的な金額をお渡しすれば大丈夫でしょう。平均値としては3万円から5万円が多いようです。
また、住職に自宅で法事などをお願いした場合には、お布施の他に、御車代、御膳料(住職がお食事をとらない場合など)を気持ちとしてお渡しすることが習慣にもなっているようです。別々に白封筒に入れてお渡しすればいいでしょう。
これらの金額に関しては本当に気持ちでいいですし、相場として5千円から1万円で十分かと思われます。

百か日などでのお布施の相場

百か日などでの渡し方に関しては、近親者で法要を行うことが多いと思われます。
ただそういった場合でも他の法要と同じ金額を包む方が多いです。百か日だからいくらという風に決められているわけではありません。
お布施の渡し方・金額等はこのように地域やお寺などによって違いがありますので、一見どの方法が正しい作法なのかというのを決定するするのは難しいかとは思われますが、大切なのは気持ちです。

お布施の渡し方

法事や法要、百か日などでのお布施の渡し方やのし袋の書き方、包み方など法事でのマナーについて紹介しています。