結婚式のお車代の表書き・相場・渡し方など

結婚式で、主賓や、乾杯の音頭をとっていただいた方などには、交通費と、お礼の意味も込めて、お車代を渡すのが、
一般的な常識として考えられています。
その場合のお車代の祝儀袋は、紅白の水引きで、熨斗(のし)がついた袋、結びは、結び切りのが使われています。
お車代の表書きは、「御車料」 「御車代」という書き方が一般的で、その下に、ご自分の苗字を書きますが、両家ともお世話になっている方には、それぞれの苗字を、
新郎新婦それぞれの主賓に対しては、
それぞれの苗字を毛筆で書くようにすれば、よろしいかと思われます。
入れるお札は、結婚というお祝い事でもありますから、新札を事前に用意されておいたほうがいいでしょう。
お札の入れ方は、袋を正面から見て、
お札の肖像側になるよう入れることが一般的です。
結婚式でのお車代の渡し方は、本来ならば、直接ご挨拶をして、お渡しするのがいいかもしれませんが、当日は、何かと準備であまり時間もないと思います。
一般的には、受付をお願いしている方から、お渡しするようお願いしている場合が、ほとんどです。
相場は、大体1万円からとなっていますが、これは、あくまでもお気持ちの部分です。
例えば、遠方から来ていただいた主賓の方には、往復交通費にプラス1万円という渡し方をすれば、
よろしいかと思います。
また、披露宴に招待した来賓の方にも、交通費として、お渡しするのも、マナーとなっているようです。
ただ、この場合の相場は、様々で、地域によってもそれぞれの風習がございますので、
一概にいくらぐらいの金額が適当なのか決めるのは難しいようです。
往復の交通費、片道に相当する交通費、宿泊する場合は、宿泊費を負担し、交通費はゲストの実費、どちらも負担する場合、距離に関わらず、出席していただいゲスト全員に渡すなど、いろんなケースがございます。
ただ、このお車代の対象は、遠方から来ていただいたゲストの方のみというのが一般的で、
かかった交通費の金額の半分をお渡しする場合が、多いかと思われます。
もちろん、わざわざ来ていただいているという思いから、全額を負担するのが、一番いいかもしれませんが、
どうしても結婚式の予算の関係などもあるかと思います。
ですので、その辺は、披露宴の招待状をお送りしたときに、お車代は、半分ぐらいしか出せません、
ホテル代はこちらで負担しますが、交通費はちょっと...などと、お断りをしておいて、ご出席/欠席の意を確認するのもいいでしょう。
この場合のお車代の渡し方は、もちろん現金を包んで主賓の方と同様に、受付か、事前にチケットなどをお渡しすることが多いです。
また、お札を折る形で入れる小さな、水引きなどが印刷されているポチ袋を使われることが多く、2つ折りの場合は、ぽち袋を正面から見たときに、広げた時、お札の正面がでるように、折り目が左側に来るようにします。3つ折りの場合は、最初に、左側、次に右側を折って入れます。

結婚式の心づけの表書き・相場・渡し方など

ちょっとしたお礼の意味を込めてお世話になった結婚式場のスタッフ、受付の方などに、謝礼である心づけを渡すことも多いかと思われます。披露宴での、心づけの相場は、3千円から1万円ぐらいの金額かと思われます。
利用する袋は、のしなどがついたポチ袋が多く使われ、表書きの書き方は、「御礼」 「寿」、下には、
新郎新婦両家の苗字を入れておきます。新婦がとりわけお世話になる方の心付けは、新婦の苗字だけを書いても大丈夫です。
また、和紙などの無地の封筒でも特に、マナーとして間違っているわけでもありませんので、心配は要りません。
渡し方は、披露宴当日に、新郎新婦のどちらかの親から渡すのが一般的です。
式当日は、何かと準備でお忙しくなると思いますので、事前の打ち合わせ、誰が、誰に、どれくらいの金額を渡すのかなどが大切かと思われます。

葬儀などでのお車代・心づけ

お祝い事ばかりではなく、葬儀や法事の場合にも、お車代や心づけが渡されることが多いです。
葬儀などで、遠方からの参列者の方へお車代を渡す方もいらっしゃいますし、また、
お坊さんには、お布施の他に、来ていただいたという意味で、お車代を包むことが常識となっていて、
その他、葬儀などを手伝ってくださったスタッフの方、
ご近所の方にもお礼として心付けを渡すことがあるようです。
ただ、これら心付けの相場は、お気持ちの部分、地域差があるかと思われます。
また、袋は白い無地の封筒が多く使われていて、表書きは、「寸志」 「志」 「心づけ」などになります。