新居祝いのマナー(相場・お返し・兄弟などに贈る場合の金額など)

【新居祝いをお贈りする場合】 贈る相手が、新築された家やマンションに引っ越す場合に、ご祝儀袋は、紅白の水引きで、
蝶結びになっているものを選びます。
熨斗(のし)はついているもので大丈夫です。
祝儀袋の表書きには、御礼や御新築祝と書くのが一般的なマナーと考えられています。
また、相手が中古の家や中古マンションを購入した場合に贈る場合には、
表書きは、御礼や、引越し祝としたほうがいいかもしれません。
新居祝いの相場として、兄弟などに贈る場合は、3万円〜5万円ぐらいの金額が一般的です。
また、友人やお世話になった方の場合の相場は、5千円〜1万円ぐらいでしょう。
ただ、あくまでも、お祝いは気持ちの問題でもありますので、これらの金額より上下しても、
決してマナーに反していることにはなりません。
また、新居祝いや引っ越し祝いを贈る場合に、火を連想させるギフトを贈るのは、避けたほうが良策です。また、お金ではなく、商品券などを贈るのもいいかもしれません。
家具やちょっとしたインテリアなどを贈っても構いませんが、やはり先方にも好みもありますし、
せっかくの新居ですので、自分達で揃えていきたい気持ちもあるかと思われます。
ですので、もし何かギフトを選ぶときなどは、あまり邪魔にならないものや使い勝手のいいもの、
例えば、シンプルな食器や、お鍋など、また、観葉植物などもいいかもしれません。観葉植物ですと、
それほど手入れも難しくありませんし、ちょっとしたインテリアとしても重宝されますよね。
【新居祝いのお返し】 新居祝いをいただいたあとのお返しは、基本的には、片付けが一段落した後に新居にお呼びするというのが、お返しということになります。
ただ、お呼びできなかった方や、高価なものをいただいた方には、だいたい、いただいた額の半分ぐらいの品物をお贈りするのがいいでしょう。
その場合の、のし紙は、新居祝いと同じ物で、表書きは、新築内祝いや、内祝いと書くのがマナーとされています。

引っ越し祝いのマナー(のし・相場など)

引っ越し祝いといっても、いろいろなケースが考えられますし、それによって祝儀袋の表書きも変わってきます。もし、相手の方が、賃貸アパートなどに引越しする場合には、基本的には引っ越し祝いは必要ありません。
ただ、親しい友人などの場合は、新居祝いと同じ祝儀袋(紅白の水引き・蝶結び・のし付き)に、御餞別と表書きして渡してもいいかもしれません。
または、商品券や何か実用的なギフトを選んで送っても構わないでしょう。
相場は、1万円、兄弟だと3万円ぐらいかと思われます。また、大学入学などで一人暮らしを始める方などの場合には、表書きを、御引越し祝としても特に、問題はありません。
会社などでどなたかが、栄転される場合は、表書きは、栄転祝/昇進祝などになります。
これらの引っ越し祝いのお返しは、基本的に必要はありませんが、葉書などで感謝の気持ちを伝えたり、
何かちょっとしたものをお返しするのもいいかもしれません。

新居祝いのギフト

新居祝いに贈るギフトを選ぶ場合には、あまり自分の好みを強調しすぎず、便利で、長く使えるものを選ぶのがいいかもしれません。
また、メッセージなどをつけて渡すと、より相手に喜ばれますよね。
心が、こもったギフトが何よりも大切です。