入学祝いの相場(小学校・中学・高校・大学)

お孫さんやお子さんが小学校に入学される場合など、身内であればおじいちゃんやおばあちゃんがランドセルや学習机などを内祝いとして贈るのが一般的ですよね。
一方で、甥や姪の親族へ入学祝いを贈る場合、相場や金額にちょっと悩む方もいらっしゃると思われます。
そういった場合の入学祝いの相場としては、小学校や中学までは、5千円から1万円の金額が相場として考えられています。また、小学校の場合、お金ではなく、図書カードや他のギフト、例えば使い勝手のいい文房具などもいいかもしれません。
ただ、文房具などは身内で用意することが多いですし、ちょっと入学祝いとしてどうなのかなと思われる方ならば、やはり現金や図書カード、記念として名前入りの鉛筆を贈るのもいいかもしれませんね。
高校や大学の入学祝いの相場は、金額で1万円から3万円ぐらいとされています。高校生や大学生になると何かと欲しい物も出てきますので、現金を贈ったほうが自分で欲しい物などを買うこともできますのでいいかもしれませんね。
もちろん、身内の関係もでてきますが、よくお世話になっている場合などはちょっと多めの金額にしても大丈夫かもしれません。
また、年齢が離れた兄弟へ入学祝いを贈るとき、高校や大学の場合は3万円ぐらいが相場と考えられています。小学校や中学の場合は、1万円ぐらいでも大丈夫でしょう。やはり、兄弟などのより近い身内になると、どうしても金額は高くなりますよね。
入学祝いを贈る時期としては、できるだけ早いほうがいいですが、入学式の2週間前ぐらいにはお渡ししたほうがいいでしょう。

入学祝いのお返しと礼状

入学祝いのお返しとしては、基本的には何もお返ししなくても失礼にはあたりません。ただ、いただいた本人や両親が電話でお礼を述べることは大切ですし、何かお菓子と礼状を添えてお返しをお送りするのもいいでしょう。
地元の有名なお菓子の詰め合わせなどいいかもしれませんね。お返しの時期はできるだけはやくするのがマナーの上でも大切ですので、お礼の電話はお祝いをいただいた後すぐにする方がいいでしょう。
その場合には内祝いと子どもの名前、まだいただいた子が小さく読み書きが上手くなくても自筆で書いた礼状を添えるとより一層喜ばれます。
入学祝いを贈る場合もお返しする場合の礼状の書き方としては、親族や友人に贈る場合はあまり堅くなりすぎないよう、ご自分の書き方で書けば大丈夫です。
ただ、お祝いの例文集などを見て、「この度は〇〇君の小学校ご入学おめでとうございますやこの度は〇〇の入学祝いありがとうございました。」などの文例を利用すると書き易くなるでしょう。
あくまでも、大切なのは感謝の気持ちですので、その気持ちがこもっている礼状であることが何よりも大切です。あまり親族関係がない方から入学祝いをいただいたときなどは、やはりお返しとしてその方の姪や甥が小学校などに入学された場合には、やはり何かお送りした方がいいかもしれませんね。

入学祝いのギフト

入学祝いに限らず、金額の相場やどんなギフトを贈るかなど悩んでらっしゃる方もいるかと思います。
ただ、大切なのは感謝の気持ちですので、心のこもったギフトが何よりも嬉しいものですよね。