初誕生の儀式(餅踏み・占い)やお祝いの贈り方など

赤ちゃんの大切な祝い事の行事、初誕生のお祝い。
この祝い方には、地域によって、いくつか違いがあります。
ただ、どの祝い方にも共通するのが、一升餅ですね。別名で、一生餅や誕生餅などとも呼ばれています。
一生食べ物に困らないようにという意味に掛けているのが由来とされています。
この一升もちを初誕生の祝いの時に、赤ちゃんに背負わせる、背負い餅という儀式があります。
たくさんの食べ物を背負ってこれからの人生で、食べ物には困らないようとする願いがあるようです。地域によっては、赤ちゃんに背負い餅をさせて、故意に転ばせたりするところもあります。
この背負い餅の他に、例えば、
福岡や長崎などでは、餅踏みという行事も行われています。
これは、赤ちゃんに、草鞋(わらじ)を履かせて、紅白の餅の上を踏ませるというものです。
また、背負い餅や餅ふみを行った後で、そろばんや辞書、ペンなどを置いて選ばせるという占いのような儀式もあります。選んだものによって、将来赤ちゃんがなる職業や才能を占うところに由来しています。
初誕生のお祝いは、内祝いですので、身内だけで行われるのが一般的で、プレゼントや、ご祝儀をいただく場合もあります。プレゼントは、赤ちゃんが主役ですから、おもちゃだったり、今後ずっと使える実用品などが多く贈られてます。
また、プレゼントやご祝儀の贈り方としては、紅白の蝶結びの水引きの熨斗(のし)で、表書きは、初誕生祝とすれば大丈夫です。基本的に、お返しはというと必要はありませんが、お祝いに来れなかった方には、お礼状などと一緒に、同じのしで、表書きは、内祝として、何かをお返しするといいかもしれません。
初誕生のときのレシピなんですが、これは現在ですと様々でしょうし、また赤ちゃんのためにバースデーケーキなどを用意するといいかもしれません。まだ、ケーキを食べれないかもしれませんが、せっかくの誕生日ですから、形だけでも用意するだけでも違いますからね。
私の家では、女の子だったんですが、初誕生のときには、1歳の誕生日は、一生に一度ですし、どうせお祝いするなら、全部しちゃえということで、背負い餅、餅踏み、占いと全ての儀式を試しました。
招待客は、お互いの両親だけで、こじんまりとした誕生パーティを開きました。初孫だったので、プレゼントをいろいろいただいたのを覚えています。
わらじは揃えず、おばあちゃんが買ってくれた新しい靴で踏ませました。
占いの結果は、お金を選んだので、将来はひょっとしたら、お金持ちなるかもしれないと、あわい期待を持っています。地域によって、祝い方が様々ではありますが、主役は赤ちゃんなので、いい思い出に残る誕生日にしてあげたいものですよね。

たまひよや名前入りの一升餅と初誕生

私達が準備した一升餅なんですが、さすがに家ではつかずに、通信販売で買ったものを利用しました。
たまひよというところが販売している餅を買ったんですが、小分けされていますし、値段もそれほど高くありませんでしたから、とても便利でした。
また、和菓子屋さんとかでも販売されていますし、赤ちゃんの名前入りをお願いするのもいいですよね。最初、子どもに、一升もちを背負わせようとしたのですが、さすがに、この重さは支えられないだろうと思っていました。2、3歩歩いて、しりもちでしたが、なかなか頑張ってくれましたよ。

赤ちゃんと初誕生

誕生日の中でも、1歳のときに迎える初誕生の祝いは、やっぱりちょっと特別な日。
親戚を招待したり、家族水入らず等など、祝い方は様々ですが、
何よりも赤ちゃんの笑顔を見れるのが一番ですよね。